つらい更年期障害を治療するには|内側からヤングに変わる

MENU

病院の対策

更年期による心身の影響

年齢と共に女性ホルモンは減少するのですが、特に50代前後になると急激にエストロゲンが減少してしまうことがあります。このエストロゲンの急激な減少こそが更年期障害を引き起こしてしまう原因でもあるのです。エストロゲンが減少してしまいますと、脳が自然に卵巣にたくさん女性ホルモンを出すように命令を出すのです。しかしそれがうまくいかずにさまざまな影響を与えてしまうと考えられています。更年期障害によって自律神経が乱れるのが不調を巻き起こしてしまう一番の原因かもしれません。自律神経が乱れることによってうつ病と同じような症状が現れることもありますから、日常生活に影響が出るような症状ならば治療が必要になるでしょう。

うつ病にも近い症状がある

更年期障害は自律神経が乱れておこあってしまいますから、治療が必要なことがあります。治療に関しては大きく三つに分かられるのですが、まずはホルモン補充療法です。ホルモンが減少することによって起こりますから治療薬としてホルモン剤を投与するのです。こちらに関しては効果が高いのですが、副作用も多少ありますから注意しましょう。更年期障害に使われる治療として副作用が少ないものが漢方の投与でしょう。そしてうつ症状を引き起こしてしまっている場合には抗うつ剤などの投与もあります。心療内科などを紹介されてカウンセリングを必要とする場合もありますから、治療に関しては医師の診断に従って従うことが重要になってくるでしょう。