つらい更年期障害を治療するには|内側からヤングに変わる

MENU

治療の必要性

更年期時に現れる症状

女性の一生は五つに分けられると言われています。幼少期、思春期、成熟期、更年期、老年期の五つに分類されるのですが、この更年期に当たる時期には心身ともにさまざまな影響があるとされています。その原因は女性ホルモンにあるでしょう。女性ホルモンは思春期から成熟期にかけてピークになりますが、それ以降は緩やかに減少してしまいます。そして更年期になるときに急激に減少してしまいますから、ホルモンバランスを崩しやすくなってしまうのです。それが原因で更年期障害を引き起こしてしまうと言われているのです。ホルモンを分泌するように頭は命令しますが身体がついていかないのでチグハグな状態になってしまうでしょう。治療が必要なこともあります。

症状を緩和させるには

更年期障害は人によって症状や機関が異なっていますから、一概にどの治療法が良いかは定義できません。個人差がある更年期障害ですから、治療が全く必要がないひともいますし、うつ病などを併発してしまい入院などを与儀なくされてしまうこともあるようです。症状が悪化すると日常生活にも大きな支障が出てしまいますから、治療をすることが必須になるかもしれません。更年期障害の治療法としては薬の投与が基本とされています。ホルモンを増幅させるようなホルモン補充療法などが良くしようされていますが、うつ症状がある場合には抗うつ剤なども使用されます。 もちろん多少の副作用が生じてしまうこともありますから十分使用上の注意を守りましょう。